FC2ブログ

交通事故Q&A 「人身傷害保険の適用範囲」

kj_061.gif

交通事故の相談Q&A

質問
 「同居の家族が歩行中に交通事故に遭いましたが、相手方が保険に入っていません。何か良い方法はありませんか?」 


回答
ご自分が人身傷害保険に加入していれば、ご家族にもこの保険が使えます。

人身傷害保険とは、事故により運転者や同乗者が死傷した場合、過失割合に関係なく損害ほ補償してくれる保険です。

例えば、過失割合が被保険者40:相手方60で、被保険者の総損害額が1000万円だったとします。
この場合、相手方からは、総損害額の1000万円から過失相殺分の400万円が差し引かれた600万円が支払われ、400万円は自己負担になってしまいます。

ところが、人身傷害保険に加入していれば、総損害額の1000万円が過失割合に関係なく、自分の契約している保険会社から支払われます。
よって、自己負担は0円です。

そして、自分方の保険会社は、相手方へ過失相殺後の600万円を請求(求償と言います)するのです。

これが人身傷害保険の概要ですが、実際には、各保険会社で支払基準があるので、必ずしも、被害者が主張する損害額のすべてが支払われない可能性があります。

この保険は他の車を運転しているとき、他の車に同乗しているとき、歩行中に交通事故にあったときも使用できます。
また、同居の家族が同じような交通事故に遭った場合も使用できます。


次回の無料相談会のご案内

日時:平成24年10月27日(土)10:30~17:00
場所:シーモール下関 1階 エスカレーター下


◎交通事故処理・相続・遺産・お金のトラブル・書類作成 等
 生活トラブル 法律で解決!! 毎週土曜日 シーモール 1Fにて開催中
 とても混む場合がございます。 予約も受付ております。
 (申し訳ございませんが予約の方 優先させて頂きます) 予約先 083-250-5162  清水

お名前、住所などの個人情報は、私たちからお伺いすることはございません。
また、行政書士は、法律により守秘義務を負っておりますので、ご安心して相談に来られて下さい。

お悩みを解決して 安心した未来へのお手伝い(モットーにしています

kj_28.gif  kj_08.gif
◎山口県下関市のライト行政書士事務所/クライアントひとりひとりの正当な権利 [RIGHT] を守ります。
ライト行政書士事務所のホームページはこちらから
◎下関市・北九州市の交通事故処理をサポートします/ライト行政書士事務所
交通事故処理のサポートはこちらから
スポンサーサイト



Category: 交通事故

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する